読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君専属王子様のファンって姫でいいですかね?

冗談は顔だけにしろ。紫推しの沼日記。

むすめん。現場における推しメンとファンの相互関係

考察。

今日の昼間に突貫工事で作った資料だから本当に内容がないよ(大声)

 

 

 

推しメンとは『イチ推しのメンバー』を略したもので、アイドルグループの中のイチ推しのメンバー(特に気に入っているメンバー、応援しているメンバー)を意味する。複数の推しメンがいる場合、一番好きなメンバーを神推し、二番目が激推し、三番目を推しという。また、推しメンを変えることを意味する推し変といった派生語も存在する。推しメンはAKB48を中心に、主に女性アイドルグループに対して使われる。ジャニーズ(ジャニーズ用語)の場合、自担がこれにあたる。
なお、推しメンは2011年ユーキャン新語・流行語大賞候補語になったが受賞はしていない。(日本語俗語辞典より引用)

 

アイドルとファンの相互関係について、私の好きなアイドルグループはほかのアイドルグループと比較しても接触イベントのシステムが異なり、ライブのキャパシティーなどの規模においても比較が困難なことがわかり”むすめん。”というグループに限定して考察しようとおもう。ここではライブとチェキ会などの接触系イベントの二つにわけて考察する。

 

 

1.ライブ

 現在彼らは47都道府県ツアー中である。地方によってキャパシティーは異なるが、初日のディファ有明はシーティングの1128席、先日行われた京都公演の京都FANJはオールスタンディングの500人であった。メンバーにもよるが、ライブ中に自分の認知している(=覚えている)ファンはどこにいるのかだいたい把握していたりする。そしてレス(=ファンサービス)を行うのだ。特に私の推しはとても見つけるのがうまくレスも多い。もちろんファン側も推しメンカラーのキンブレ(=ペンライト)を振ったり、推しTや推しタオルといったグッズを身につけたりなど”あなたのファンである”というアピールをする。推しのソロパートでひときわ高くキンブレをあげたり、それに対して推しはレスをしたりという相互関係が成立しているのだ。これは認知の有無に関係なく自分の色のキンブレを振ってくれていればレスをすると言っていたメンバーもいる。レスの定義は人によって異なるが私の中では目線もレス

 

<ファン>

推しメンカラーを主張し応援する→レスをもらう→もっと応援しよう

<アイドル>

自分の色(ファン)を見つける→レスをする→喜んでくれる→もっとレスしよう

 

 

 

2.接触イベント

 ここでは主にチェキ会について考察する。”チェキ”とはインスタント写真システムの総称である。専用のフィルムで撮影し、その場で出力できるのが最大の特徴。イベントの物販やチェキ会などで販売され、オタクがアイドルと撮影する。イベントで発売されるチェキにはピンショットや混合(複数ショット)、落書きチェキ(サインなどが書かれている)という種類がある。チェキ会でもツーショットやグループショットなどがある。ここではツーショットチェキをメインに考察しようと思う。現在のむすめん。ツアーチェキ会は3000円1分1枚という値段になっているが、基本的にCDの発売イベントとしての意味合いが大きいため直近だとアルバム3000円2パターン購入(6000円)につき1枚チェキが撮れた。

 1分は自分が思うより短い。しかしその1分間は自分と推しだけの時間なのである。人によって1分の使い方は異なると思うが本来のメインはチェキの撮影である。どんなポーズで取るか指定し、それを撮り、その後残り時間を推しとの会話に使う。チェキ券さえ押さえることが出来れば数分~数十分間推しを独占することも可能なのだ。実際に30分間ぶん以上のチェキ券を購入し、使用していた話を聞いたことがある。

 なぜここまでアイドルとの接触に時間とお金をかけることができるのか。それは認知の有無が深く関連していると考えられる。認知されているメンバーとの接触はお互いの事をよく知っているため、自分の近況報告やライブの感想、動画の感想などざっくばらんに話すことができるからだ。ここには相互の信頼関係が存在しているから話すことができる内容なども存在しているように感じる。

 

 

 

 

この二点から推しとファンの相互関係が成立しているからこそ接触イベントやライブ、つまりは推し事にファンはお金や時間を費やしているのではないかと考えられる。これは従来のアイドルとファンの一方的な関係ではなくなっているからこそ生まれた文化であり、この関係性について接触イベントの視点から考察を進めていきたいと思う。

 

 

引用・参考文献

ぺろりん先生(2016)「アイドルヲタク大研究読本」株式会社カンゼン

境真良(2014)「アイドル国富論東洋経済新報社

濱野智史(2012)「前田敦子はキリストを超えた―〈宗教〉としてのAKB48」ちくま新書

【ドルオタ白書】握手会、チェキ会…これにハマると貯金が消える!「接触イベント&認知」の世界 http://www.womaninsight.jp/archives/121556

推しメン 日本俗語辞典 http://zokugo-dict.com/05o/osi-men.htm

笑顔の連鎖14曲。

 

ということでモーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャのライブビューイングに行ってまいりました。

(この記事はむすめん。を推しているにわかハロプロファンが勝手に「私信だ~~!!!」って湧いてその曲の思い出をつらつら書くだけの記事なので気分を害することがあればすみません。)

 

ちなみにハロのライビュはちゃゆ卒コン、ベリ活休、まろ卒コンからの4度目。

今回は初めて当日券取りました。予定が未定だったからね…ギリギリまでわりと行くか悩んでたんですけど行って良かった!これは断言出来る。まじで。

 

 

初めてぼっちでチケットとって男オタの方に囲まれていつもとちがう現場にチキりながらも始まったらこっちのもんですよ。

 

だって1曲目から123ですよ????

あのamホールで行われた初単独の1曲目。

ニコ動にコミュ限であがってるので見たことない人は見てみてください。彼らの成長がわかりますまじで。びっくりするぐらい今に比べて踊れてないんで。

 

周りがみんな座ってたので流石に立ちませんでしたが、実はこの曲わたしめちゃくちゃすきで某コピユニで動画あげてるのでいまでも踊れますこれはホント。

もう隣のおっさんなんてout of 眼中。

この頃私の推し(生田)は「る♪」しかソロがなかったんですよ。成長しましたね;;

 

からの愛の軍団。わかる人はわかるあの名古屋のカラオケの発情期のメスゴリラを思い出しましたね。覚えてますか?←

むすめん。としてはZepp?できてめっちゃびっくりした思い出。しかもお前らが歌うんかーいってなった記憶があります。

 

 

 

 

3曲目、恋愛ハンター

イントロで泣きましたね。

ここからずっと涙腺が緩みっぱなし。

周りも引くレベルでぐすぐす泣きながら踊るわたし。

全ての始まりの曲ですからね。

 

恋愛レボリューション21。

この星は美しいんです。

あのあっすー卒業の超会議を思い出しました。

生で見れてないんですけどね超パ;;

 

 

この4曲の時点で全てむすめん。がフリコピした曲なんですよ。

ここでもうわたしは「私信か????」って思ってました。

 

 

ここからは勝手に今回のセトリ曲でむすめん。がやったものに触れていく。

それ以外もとっても良かったんだけどいかんせんユニット曲とか疎くて…アルバム曲に疎くて…

 

 

 

 

少し飛ばして8曲目、君の代わりは居やしない。

超会議思い出しましたね。初共演。

これも生で見れてないんですけどね

超パでこの曲を原曲キーでやってと言われてしんどい思いをしながらやったむすめん。ちゃんと石川梨華ちゃんの共演。

運営の本気ですね。

 

9曲目、ミスムン。

忘れもしない秋冬ツアー2部1曲目。

緑の「あいをください~♪(音源は本家)」で始まる。

この曲の推しがすごく好きで。あの時のセトリの詳細はそこまで覚えてないんですけどこれが1曲目ですごくすきで2部の方が良い場所で見たいって思ってた記憶があります。

ズッキの乙女感すごく可愛かったほんとに。

どぅーかのんいいよとても。

3者3様?のイケメンでまりあちゃんが思ったより良くておばちゃん感動しました。

 

あ!乙女のタイミングは知ってたよ!!!

なぜならウルトラスマート(ガキさんと愛佳ちゃんの卒コン)のDVD持ってるから!!!!!!!!!!!←

えりぽんの「大好きすぎてこわい♪」がすき←

やっぱ9期だなぁ↑↑ってなった曲

 

 

飛ばしまくってメドレー。

青春小僧はあおいくんが上げてるし、へるみーはむすめん。もメドレーの中でやってるしな~と。

わたしの脳内を野崎さんの「私をこのままひとりぼっちにしておくわけ?」が颯爽と通り過ぎて行きました。

 

16曲目、The摩天楼ショー

わたしこれ大好きなんですよ~。

これもたしか秋冬のメドレーかな?ただただ楽しいからまたセトリにいれて欲しいな~って思ってたりします

 

18曲目、わきあい

これも私たちの中では伝説の曲ですね。(勝手にそういうことにする)

東京SP公演で披露したわきあいの中でにーちゃんがあおいくんの頭を撫でたシーンがあるんです。わたしは埋もれでよく見えてなかったんですけど、その直前のMCを聞いていたのでそんなことがあったと知ったわたしの涙腺はもうボロボロですよ。

泣きながらフォーゲルコールしたい気持ちと戦いました。させてくれ。

またみたいなわきあい。ってずびずび泣いてました。

 

 

 

 

そんなところに投げられたこの曲

19曲目、みかん。

むすめん。が唯一カバーしてCD音源になっているハロ曲ですよ。

秋冬ツアーのセトリに入ってたはず。

ほかの曲も散々大好きって書いてるからもう大好きのバーゲンセールみたいになってるけど本当にこの曲好きで~(泣きながら)

また見たいですみかん。

未完。

この歌詞がとっても好きで。じっくり聞いてみてくださいほんとにいい曲なんです。盛り上がるし。はしゃぎすぎて死ぬかと思うけど。

 

 

20曲目、WiL?

it is テニスラリー??でおなじみの曲(違います)

どぅーのソロかっこよすぎて動画でも見てたんですけどやっぱり破壊力桁違いですね。

そういえばわたしわりとあのピンクツナギすきなんでまた着てくださいおねがいします。

 

で、本編ラストの20曲目Omw!

この前の冬ツアーでやってた~;;ピィロティ~;;

ズッキ輝いてた~;;

どぅーかのん相性いいよやっぱり~もっとこの二人センターみたかったなぁ~~~~~;;

 

 

 

 

アンコール2曲目泡沫。

もう多幸感。

こんなに笑顔で泣いたことはない。

 

 

 

14曲。

メドレーをばらせば28曲中14曲って半分ですよ。多すぎじゃん。ご褒美じゃん。

たのしかったなぁ;;

たくさん泣いたなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

かのんちゃんのお手紙とブログに書かれた「ファンの方のファン」という言葉。

いつかむすめん。のライブの関係者席にかのんちゃんが座る日が来たらいいなって思ってしまいました。

 

 

現役のかのんちゃんと共演することはむすめん。には叶わなったけれど、生きていればまた会えます。

そんな奇跡がいつか彼らに訪れますように。

 

鈴木香音さんご卒業おめでとうございます。

あなたがいなければ今の私はいません。

たくさんの笑顔の連鎖のきっかけをありがとうございました。

約5年半おつかのんでした!

講義で考えた事コピペしただけ。

考察。

文章書くおべんきょのために使っただけだから甘い考察でしかないよ。

まったくこういう分野知らない先生に文章の添削してもらっただけだよ。わたしは文章書くのがへたくそだよ。ちなみに再再再履修してやっと単位もらえそうですよかった。

 

 

なぜむすめん。のファンは増加していっているのか

  1. 問題提示

 むすめん。とは自称男性アイドルグループである。元々ニコニコ動画という動画投稿サイトにそれぞれが、「アイドル曲やボーカロイド楽曲を踊ってみた」という形式のダンス動画を投稿していた。その投稿主が集まり、同じライブに参加したり、SNSを通じ交流を行ったりしていた。そして、あるきっかけでモーニング娘。の『恋愛ハンター』という曲のダンスカバーを行った動画が投稿された。この動画が反響を呼びニコニコ動画公式ダンスイベントやその他のライブへの出演を経て、2013年3月24日、大阪にて初の単独ライブを開催した。初単独ライブのチケットおよそ500枚弱は即完売しライブも大成功で終わった。彼らはハロープロジェクト所属アイドルのファンであり、その聖地である中野サンプラザで公演をしてみたいとグループ結成当初から語っていた。このときはまだ誰もむすめん。がアイドルグループとして中野サンプラザの2222席を埋めることなど夢物語でしかないと考えていた。しかし、2015年8月16日中野サンプラザ単独公演を満員で終え、現在もファンを増やし躍進を続けている。なぜ、素人10人だった彼らのファンは増加していっているのだろうか。

 

  1. 考察

第一に考えられるのは、彼らの個性がそれぞれ魅力的であり見る人を惹きつけるということだ。趣味で集まったにもかかわらず、薄めの塩顔男子から濃い目のソース顔までバリエーション豊かである。そのため、誰でも「この人の顔が好みかも」と思えるようなメンバーがいるであろう。体型も188cmもある高身長スレンダー系から168cmの筋肉質系など、さまざまな女性の好みを網羅していると思われる。更に、性格も十人十色である。みんなに愛される弟のようなメンバーもいる中、一歩引いてお父さんのように見守ってくれるメンバーもいる。また、副リーダーがメンバー全員からいじられる所謂“いじられキャラ”でもある。これらのことから彼らの個性が豊かであり、それが魅力となってファンが増加しているのではないかと考えられる。

第二に考えられる要因は、彼らの歩んできた活動の歴史が物語性を含んでいるということだ。結成のきっかけが起承転結の起とするならば、単独ライブを行うようになり、初めてのツアーまでが承であろう。そして、初めてのツアーの最終公演を最後にメンバーの一人がやむをえない事情により無期限の活動休止に入るという転が発生するのだ。この公演で彼が言った言葉が「中野サンプラザに立てる日が来るならばどんな事情があってもかけつける。自分を中野サンプラザに連れて行ってほしい」というものだった。そこからむすめん。は一般的な知名度を上げることを目指し始めた。そのため、更に多忙となり、東京で活動することが増えていった。そして、それまで地方に住んでいたメンバーが活動拠点を東京にするため上京するケースもあった。そして彼らの努力が実を結び中野サンプラザ単独公演は成功し活動休止だったメンバーも自身の事情に区切りをつけた。そして、むすめん。のメンバーとして復活することができた。これが結として終わるかと思っていたファンも多かっただろう。しかし、ここで彼らの物語は終わらなかった。中野サンプラザ公演の最後にメンバーの口から語られたこれらからの彼らの方向は「むすめん。を仕事にする」ということだった。彼らはそれまで本業として保育士や介護福祉士として働いていたり一般企業に勤めたりしながら週末にアイドル活動をしていた。それをほぼ全員が退職し“アイドル”を仕事にするという決断をしたのだ。これは起に該当するだろう。そして、同時に発表された47都道府県ツアーが承ならば、そのツアーにメンバーの一人が怪我により参加できないということが転である。10人で回る予定だったツアーが9人で回ることにより「次は10人で全国を回ろう」という次につながる原動力になると考えた。これは現在進行していることでありここから先の未来は私にはわからないが、きっとこれからのむすめん。の未来も奇跡の連続の物語が続いていくだろう。これらのことから彼らの物語性も、ファン増加の一因となっていると考えられる。

 

3.まとめ

以上に述べたことをまとめれば、次のようになる。彼らの個性が豊かであり、それぞれがとても魅力的であるということに加え、グループとしての活動の歴史が物語性を含んでいる。そのため彼ら個人やグループに惹かれる人が多く存在し、ファンが増加していっていると考えられる。

ぎふにっき。

ツアー日記

ただただ岐阜公演の1日を振り返るおもんないブログだよ(自らハードルを下げる)

 

 

前日の夜のバイトをはや上がりさせていただいたのにも関わらず2時就寝(アルェー

からの4時50分起き…起きられて良かった( ^ω^)

 

 

 

 

先日のブログのとおり在来線を乗り継いで岐阜駅へ

とりあえずスタバのいちごが飲みたくてスタバへ

座って手紙書くか~と思ったら奏多からLINE電話で迎えに行くから外でろ~と言われスタバ離脱(;△;)

 

 

そこからなんやかんやで会場付近まで奏多's carで移動したら道にあおいパパが!

私奏多まつけ「パパァァァアアアアアアアアアアアアアアア(絶叫)」

そこで奏多に降ろしてもらい会場へ

 

 

とりあえずくじ列並んで~まぁ余裕で1部チェキ券買えるっしょ!!と思って余裕こいて後ろの方に並んでた私。

 

 

 

わたし「のっくん2枚げるたん1枚ください!」

きさりん「富山の人の枠ね~のっくんもげるたんも埋まっちゃったの~」

「(((゜Д゜;)))」

きさりん「岐阜の人の枠はたぶん余裕あるから1部終わってから並んだら買えると思うんだけどね~」

「(´;д;`)」

きさりん「ごめんね~~~」

「。゚(゚´Д`゚)゚。」

きさりん「くじひく?」

わたし「6回ひく」

lineblog.me

6限だったのでね。

 

 

 

 

 

「白白赤桃赤青・・・」

・・・青。

 

・・・・青。

 

 

・・・・・・!?!?!?!?

 

 

 

 

 

時が止まったよ。

 

 

 

きさりん「のっくんのとこ行く?」

わたし「行く~~~( ;∀;)!!!!」

 

 

 

 

ここで2部ののっくん推しチェキゲット( ;∀;)

人生初の推しチェキ( ;∀;)

うれしい( ;∀;)

 

 

そんな私は青以外のくじ玉と推しチェキ券を握り締めて知り合いを探して見つけて「推”し”チ”ェ”キ”当”た”っ”た”の”~~~~( ;∀;)」って震えながら言う厄介になってました。

 

 

知り合いに手が震えてるって言われてましたまじで。

 

引換にて

わたし「推しチェキ当たったの;;;;;」

りくとさん「え~おめでとう~!!!」

わたし「初めてあたった~~~;;;;」

 

 

 

 

 

とりあえずランダムチェキ欲しさにもう1周。

目の前でぽんぽん出て行く推しチェキ。

残りのメンバーはぷんちゃんとにーちゃん。

 

 

きさりん「何回~?」

わたし「とりあえず6回おねがいします~」

 

 

 

白白赤黄赤

 

 

 

嘘だろ・・・

 

 

 

 

きさりん「どうする?」

わたし「…にーちゃんで」

 

ここでにーちゃ1部推しチェキゲット・・・

 

 

ここはもうなんか今日わたし死ぬんじゃねぇかって思ってました。

いろんな人に帰り道気をつけてねって言われましたわかる。

さすがに怖すぎて「推しチェキ2つ当たった~~~~
✌(´>ਊ ՞ )✌(´>ਊ ՞ )✌(´>ਊ ՞ )✌(´>ਊ ՞ )✌(´>ਊ ՞ )✌」とかTwitterで言えませんでした(チキン)

 

 

 

 

わたし「また推しチェキあたった…」

りくとさん「え?まじで??」

わたし「もうわたしここで運使い果たしたと思うの・・・」

りくとさん「(苦笑)」

 

 

 

 

1部は180番台で入りまして、場所的には一番下のフロアの逆最前の上手埋もれ。単番茶推しさん達に混ぜてもらい一緒に見てました~。

 

 

 

 

ここでね、まさかね、推しのふるさとがくるなんて思わないじゃないですか、、、、

泣いた。全俺が泣いた。

馬鹿な娘(過去記事参照)でごめんね~~~~;;;;;;

 

治療から逃げてた私が推しに治療する宣言するまでの話。 - 君専属王子様のファンって姫でいいですかね?

 

もう推しががんばって歌ってるっていうだけで尊いので。クオリティはほかの人に比べたら劣ってるかもしれないけど、わたし的には推しのうたがいちばんだから…推しのお歌だいすきマンだから…もっと歌って…またカナシミブルー歌って・・・

 

 

 

 

接触内容に関しては別で書こう。ブログがおわらない。

 

 

 

 

ブログ書いてる途中に心が折れた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

1部終わって~お見送りされて~チェキ券販売列並んで~なんとかチェキ券二人共ゲット!!!よかった!!!!

 

 

一部終わりのあの一瞬のお見送りで

推し「体調大丈夫!?」

わたし「大丈夫!!!!!!!!」

 

安定でした。

 

ツーショ撮り終わって推しチェキってどうしたらいいのかな~って外で聞いたら「にーちゃんの推しチェキもう呼ばれてたよ~」

 

焦って会場内に戻る、スタッフさんにすみませんにーちゃんの推しチェキって・・・と尋ねる(既ににーちゃんは楽屋に戻ってたらしい)

 

 

 

 

にーちゃんは大天使でした(接触についてはここでは触れない)

 

 

 

 

二部までの間に一人でコンビニ行ったりモスに行ったり、どうせ押すやろ~って調子こいてたらOPA始まってて泣いた。全俺が泣いた。

 

 

 

久しぶりの逆最前ぼっちではしゃぎちらかす私。

アンラキではしゃぎすぎて酸欠でフラフラになる私。

アンコール中に崩れ落ちて死んでました(白目)

 

やっぱり逆最前で後ろを気にせず推しジャンするのはたのしいなぁ;;;;

 

 

秋冬ツアーやその後の夏ツアーでは結構こういう楽しみ方をしてたので懐かしくなりました。

岐阜公演は段が多く後ろでも見やすい箱だったので最高でした~!!!!

もっとこういう箱でライブやってほしいな~後ろでも前でも楽しめる箱!

昔あったニコラビ2のリキッドルーム?もこんな感じで段が多くて見やすかった!!

 

 

 

 

さて2部も終わりお見送りにkyoraママと並んで行ったのですが

 

推し「きょーら!!!!!!」

「気をつけて帰ってな!!!!!!」

 

もはや旦那か

 

 

2部後のチェキ会は緑のところへ。

f:id:aya___no:20160527124342j:plain

『彼氏じゃないから浮気じゃない』

緑からDDでもいいじゃんね~といわれましたが否定しておきましたわたしはDDではない。

 

 

 

そして推しチェキへ。

これはまた後日?

おたのしみに????(誰も待ってない)

 

 

 

 

 

さてさて時間も遅くなってしまったので急いで会場を離脱しkyoraママに実家まで送ってもらいました感謝感激雨霰。

二人とも5時起き。

睡魔という敵と闘うことがこんなにつらいなんて・・・

 

たくさんいろんな話をして睡魔と闘ってたのですが訪れる沈黙。

 

 

kyora「死にたくないからしゃべって!!!!!!!!!!!!!」

 

ここまで緊迫した状態もなかなかねぇなと思いつつも片側通行の暗い高速道路は本当にしんどかったです睡魔的にも精神的にも。

 

 

なんとか生き延びて家にお互い帰宅できて本当によかった・・・

はやく免許とろうな私。

 

 

そんな岐阜の一日でした(オチなし)

 

 

 

 

 

 

 

まったねーーーーーーーーーーー!!!!!!!!(投げやり)

 

249の距離。

駅でうどんがたべたかった。(朝のツイート参照)

内容のない暇つぶし日記。





朝出て時間に間に合うならば新幹線や特急ではなく在来線乗り継ぎで会場に向かうオタクあやのです。




名古屋は3時間半くらいかかりますが許容範囲ですね()







さてさて岐阜。

私は心と住民票が富山にあるので割と親近感がわく岐阜。

昔よく高山や下呂のあたりに旅行に行きました~!飛騨牛の牛串やみたらし団子を食べることくらいしか幼い私には楽しみがない旅行でしたが今行くと色々ありそうなので普通に旅行したさありますね(:3_ヽ)_






京都公演の翌週に入院してその翌週イマココ

推しに次は岐阜ー!!!!!!!!って言ったら「すぐやん(苦笑)」という対応されたのですが緑は「待ってるー!!!!!!!!」という嬉しい反応くれたのでやっぱりこれは浮気するしか?←



緑の優しさに支えられてますけどちゃんと紫が1番ですからみなさん安心してください。

今日も紫と黒に身を染めて京都から向かってますから安心してください。




『彼氏じゃないから浮気じゃない』

『推し変はしないけど推し増しはする』



フォロワーさんの名言拝借。






チェキポーズが決まってないのですがパジャマってどうしろと……( ^ω^)

だれか案くださーーーーーーーーい(切実)

看病ネタはちらほらきくんですけど接触が苦手なもので(どこまでも救いようのない喪女)



2年も接客業続いてるなんて嘘だ。






今日のわたしの目標

静かなオタクになる(声を枯らさない)

ちゃんと好きだよって伝える

しょーもない会話で終わらせない

他人に迷惑をかけない(一番大事)



どれだけ達成できるかな?

そろそろ岐阜だーーーーーーーー・*・:≡( ε:)







(最寄り駅から岐阜駅まで本日2時間49分でした)

治療から逃げてた私が推しに治療する宣言するまでの話。

入院中って暇なんですよ、御見舞に来てくれる家族も彼氏も友達がいないので #泣いてない




さて、治療すると決断するまでの話。





そもそも私の持病は昨年?指定難病に登録されました。私は症状がギリギリ範囲外だったので医療費申請が通りませんでしたけど…

ちなみに原因不明、完治もしません。ただ、定期的に検査をして悪化しないように体調管理を努力する感じなんです。



定期検査に行って、今回も変わりないですね~はい次は〇日に来てくだい~お大事に~


がデフォルトでした。





それが変わってしまったのがあの11/5の入院。

急性腎不全になっちゃってたんですねーーーーーーーー(笑えない)



なんとか数値は戻したものの、いつまた体調崩して同じような状態に陥るかわからないという事と、腎臓の組織をもう1度検査してみないと血液検査だけでは不十分という事で早めに検査したいと言われました。



そこからの私は…わかりますね


ワイ「12/9には名古屋に行かないといけないんです」

医者「ライブね」

ワイ「はい( ˙-˙ )」

医者「仕方ないなぁ…」



地域医療を担っている小さな病院でしたので即ドルヲタ認知。今でも行くと言われます。



なんとか日程調整をしていただき、腎生検という腎臓の組織を針で取る検索の為に2013/11/25から1週間大きな病院に入院する事になりました。誕生日に入院しました←

2013年11月は月の半分を病院で過ごすことになります。医療費えげつなくて親にはとてつもなく申し訳ないことをしたと思って今となっては反省しか…


その時はまだ推しがリプ返しをほぼ行っていたので逐一報告をしていました。あの日心配をかけてからというもの伝えないといけないような謎の義務感がありました。ただのファンなのに。



1週間の入院中辛いこともたくさんありました。何よりも痛い。絶対安静で動けない。安静がとけても体力は落ちているし痛みが治まったわけじゃない。

でもあの日推しからリプ返しがありました。

f:id:aya___no:20160515114601p:plainf:id:aya___no:20160515114435p:plain



耐えたよ私!!!!!!!!!!!!




退院してから1週間自宅安静。それがとけた金曜日の夜、私は新幹線で名古屋入り。今考えると医者もビックリな強行スケジュール。

でもこれは福岡公演からずっと待ち望んでいた公演だったから。行くしかなかった(馬鹿)




あの日の1部アンコール。

あの曲の初披露だったんです。

「たじたじ*ファンタジー~君のアイドルになりたくて~」

推しセンター曲。

強行スケジュールで来てよかった…



ここから地味に間があいて2月。むすめん。の予定がまだ詰まってなかった頃。あれよあれよと医者に流され扁桃腺摘出手術を受けました。バレンタイデーに入院したのは辛かった。これもめちゃくちゃ痛かったー。゚(゚^ω^゚)゚。

しかもちょうどこの日はむすめん。がイベント出演の日でした。私の魂は東京にいた(確信)

f:id:aya___no:20160515123724p:plain



この言葉にこれから私は幾度も救われることになります。

《それで元気になったらほんまいいじゃないですか》











私はこの病気が中2の時に見つかってから「治らない」「治療しても意味がない」そう考えてきました。

もちろん扁桃腺摘出+ステロイドパルス療法についても調べていました。

でも良くなる確信はない。

そんな治療にお金と時間をかけて、さらに副作用まで酷いと知って、子供の私は逃げました。

それが2014年5月。

京都にきてから初めて定期検査をすっぽかしました。

医者からステロイドパルスいつするか決めてきてねと言われました。

私は決められなかったのです。



心のどこかで

〝ほっておいたらいつか良くなるんじゃないか〟

〝病気なんて悪い夢を見てるんじゃないか〟


そう思わずにはいられなかった、受容が出来ていなかったのです。




そこから更に1年以上の時を経て2015年6月。

沖縄ふぁんみ。


私は悩んでいました。

あの福岡の悪夢以来の九州。

また体調を崩すんじゃないか…迷惑を、心配をかけてしまうんじゃないか…


実際沖縄直前に風邪気味だった私はそんな恐怖に襲われました。



福岡公演後に行った病院へ予約無しに駆け込みました。

私「明日から沖縄なんです」

医者「馬鹿なの?」

私「行くしかないんです、検査して薬ください」

医者「最後に(大きい)病院行ったのは?」

私「去年の5月にすっぽかしました」

医者「仕方ないから見てあげるけど本当はそっち行かないとダメなんだからね」



優しかった。゚(゚^ω^゚)゚。

無事沖縄へ行くことができ、なんとか乗り越えたふぁんみでした。



ここで病院へ行った時にしつこく大きい病院へ行け!!と言われたもののそこから先のハードルは高かった。なにせ電車で1時間以上かかる場所。ひきこもり体質の私は自然と足が遠のいた。







さて、とてつもなく長い前置きでしたね。




私が治療を決めたのは2015/08/16

あの推しのラストMCを聞いてそれを受け入れることができたあたりでした。




「いつ辞めるか悩んでいた」

「辞められへんな~」





私は衝撃を受けました。











彼が心の支えだったから。

彼がいなくなる未来なんて考えていなかったから。




あの日私は〝裏切られた〟と思った。





しばらく引きずりました。

私があれほど頼っていた存在がいつ自分の目の前から居なくなってもおかしくなかったなんて信じたくなかった。


だから私が何度も辛いと弱音を吐いても「現場に来て」と言っていたのか。

《いつ自分が居なくなっても後悔しないように》



そう捉えてしまったのです。








それからおよそ2ヶ月悩みました。

その周辺期間に浮気しました、緑に。



過去に緑から言われて救われた一言があります。

それは8/2CCチェキ会でのこと。



「現場に来るのが辛かったら来なくてもいい、それでもまた来たくなったら待ってるから」




心が軽くなったんです。辛くても現場に行かなくてはならない、楽しまければならない。

もちろんライブ中はいつも楽しかった。でもその前後が辛かった。

ぼかした表現になりますが人間不信こじらせてました。



そんなときに緑は「あやのさんはそんな人じゃない」と認めてくれたのです。

浮気加速しちゃうよね←




そこから推しとの関係性について考えました。

推しがむすめん。を続けるという選択をしたことについて。



彼は現在唯一むすめん。で仕事を続投しています。



あの頃はまだ想像でしか無かった未来が今はあるのです。




どれだけの苦労が私の推しには積み重なっているのか。

私には理解できません。

それでもむすめん。を続けてくれた。

私の心の支えで居続けてくれた。



これがどれだけ有難いことか、と気付かされたのです。






私もむすめん。をいつまでも元気で応援し続けたいな~

寛解の可能性がわずかでもあるなら治療してみよっかなぁ~

現場を少しお休みすることになっても今なら大丈夫かな~




そんな感情が芽生えました。

病気受容が完璧に出来たわけではないけれど

推しが頑張るのなら私も頑張るしかないよね!←




勇気を出して約2年ぶりに大きな病院に行ったら前の担当医はいなくなってた。

だよね、でもむすめん。ちゃんはまだ居るんだよね。ありがとう。



そこからすぐに決まった入院日程。

2016年1月からステロイド治療を始めることにしました。




その決意表明をした2015/11/21

中野公演のDVDリリイベサイン会でのこと。

私は入院書類一式持って推しのブースに行きました。

私「治療しようと思って」

推し「待っていますぐ書くから待って」

この時ほど推しの手の遅さにイライラしたことは無いでしょう。

私「のっくんがむすめん。続けてくれるから、ちょっと元気にむすめん。追いかけ続けたいな~って。長生きしようかな~って」

推し「それは生きなあかんで」



サラッと私は決意表明したのに流されました。

でも生きなあかんでと言われたので許すことにしました。


でもやっぱり推しのこういうところは嫌いです。←

だから緑に浮気するんだぞ!←



年末にあった大阪チェキ会。

私は緑に会うためだけに行きました。



私「年始から入院して~退院したつぎの日に名古屋チェキ会行きますね~」


緑「そんな上手い話あると思ってんの?舐めてんの????」




怒られました。









やっぱりいつも私が無茶しても甘やかしてくれるパパがスキーーーーーーーーーーーー。゚(゚^ω^゚)゚。


そんなオチ。

駄文長文お粗末さまでした…


推しメンに会う度に健康観察される話。

どうも2016年に入ってから3度目の入院中のあやのです。





さっくり説明致しますとIgA腎症という病気のステロイドパルスという治療目的で入院中なので体調は?\大丈夫でーーーーす/





さてさて本題に。



推しに健康観察される とは

チェキ会にいく

ブースに入る

座る

推し「体調大丈夫?」←これのことを指す





さてこうなったきっかけは遡ること2013/11/03 むすめん。秋冬ツアー福岡

私は前日からすこーーーし体調が悪いなぁと感じておりました。まぁ薬飲んだらいけるっしょ!という考えで、当時あまり体調を崩すことがなかった私は夜行バスで友人達と福岡へ向かいました。



これが悲劇のハジマリ



夜行バスがむちゃくちゃ暑い!!!!!!

熱があるのか?バスが暑すぎるのか?もうわけわからないくらい暑かった寝れるかボケェ!!!!!!ってなってましたほんとに。

そんな私は勿論サービスエリアで降りますよ11月の夜は涼しいもの。

まぁすることも無いしお手洗いに…



…なんじゃこりゃア゙ア゙ア゙ア゙ア゙



汚い話なのですが私の持病の症状として「血尿」があるんですね、それが風邪やインフルエンザなどの感染症での高熱やノロなどの胃腸炎でとてつもなく酷くなるんですね。



お察しください。目が覚めました。

ここでわたしは「ヤバイ」と悟ったのです(あの日打ち明けなかった友人達ごめんなさいここで気付いてました)



まぁ、福岡に行かないという選択肢は無かったのかと多くの人に言われましたが、無かったです。

なぜなら《人生初の整理番号1桁だったから》

あ、石投げないで痛い痛いその眼差しも痛いごめんなさいもうたくさんの人に怒られたからヤメテ




そんなこんなで福岡に着く

雨☔…傘持ってないよ~



予約していたホテルにチェックインを済ませ荷物を預けフロントにて

私「あの…解熱剤とかありますか」

「ありますよ」

神かよ…と思った この時は



その時の症状としては頭痛吐き気倦怠感だった記憶があるので勿論胃に何も入れていなかった。

その時に飲んだ薬がバファリン



お察しください。



腹痛に襲われる私。半分は優しさじゃねぇのかよーーーーーーーー。゚(゚^ω^゚)゚。

症状に腹痛が加わりました。



朝から完全に野垂れ死にかけている私はなんとか物販も済ませライブに入るも最前で柵によしかかるしかありませんでした。


まぁ、バレるよね←




気力でライブを乗り越えた私。

夕飯はなんとか食べたかったとんこつラーメンを少し食べましたこの時は美味しく食べられた気がする。




ホテルに帰る、吐く。

ごめんなさい美味しかったの食べたかったのほんと神さまごめんなさい。゚(゚^ω^゚)゚。




同室でホテルとってた子には本当にごめんなさいしかないおねダリレベルで謝るから。

寝る→気持ち悪くて起きる→吐く→落ち着いて寝る→気持ちry

ってやってたら朝でした(›´ω`‹ )



この日はフォロワーさんたちの動画撮影のお手伝い。せっかく福岡にきたんだからコラボ撮りたいよねってやつ!



私は1日死んでました。トイレとお友達でした。



本当は夜行バスで帰る予定も全員から「お金出すから新幹線で帰って」と言われ、今ほど金欠じゃなかったためATMへかけこみお金をおろし自費で新幹線に乗りフラフラになりながらもなんとか最寄り駅まで。

流石に1人で歩いて帰るのは怖かったので初めて最寄り駅からタクシーに乗りました。

およそ徒歩8分の道のりです。ブルジョワか



死んだように寝る私

翌日病院へ行こうにもかかりつけ病院までは電車で乗り換えないといけない…ムリだ。

そんな時に福岡から帰った足で私の家まで飛んできた友人が神に見えた。

タクシーを呼んでくれてなんとか病院へ

私は「薬貰ってなんなら点滴してもらって帰ろーーーーーーーー」程度にしか思ってなかった



医者「腎臓の数値が悪過ぎる…ご飯も食べれてないし脱水も出てる…このままじゃ帰せないね」

ワイ「?!?!」

医者「入院してもらいます」

ワイ「…どのくらいの期間ですか」


バカだと思いますよね。

このおよそ1ヶ月後には名古屋公演が決まってたんです。

福岡公演帰りの私はそのことしか頭にありませんでした。真紫のネイルのままだったし←


医者「まぁ10日くらいかな?そんなに長くないよ」

ワイ「わかりました」




そんなこんなでライブから帰った翌日に強制入院させられた私。



f:id:aya___no:20160514222756j:plain


ここから健康観察人生が始まった。







next?→入院させられて根本治療に乗り切るまでの話。



消灯から1時間もかけてしまった………